南原繁 : 近代日本と知識人

加藤節 著

幼くして家長教育を受けた郷里香川での日。キリスト教に出会った一高時代。内務官僚の実務経験。ナチス批判と終戦工作。戦後初の東大総長として高くかかげた戦後改革の理想。「理想主義的現実主義者」南原が生涯追究したのは、共同体と個人との調和であった。近代日本の激動の歴史と切り結んだ政治哲学者の思想を綿密にたどる評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「我ガ望」-精神の原風景
  • 第2章 新しい世界の発見-遍歴のはてに
  • 第3章 理想と現実とのあいだ-内務官僚の時代
  • 第4章 政治哲学者の誕生-晩学と独学とのなかで
  • 第5章 ファシズム下の大学-「洞窟の哲人」として
  • 第6章 現代と古典との往還-時代を撃つ学問
  • 第7章 歴史のなかで-戦後改革の理想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南原繁 : 近代日本と知識人
著作者等 加藤 節
書名ヨミ ナンバラ シゲル : キンダイ ニホン ト チシキジン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.7
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4004305144
NCID BA31450821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98030000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想