財政学 : 転換期の日本財政

片桐正俊 編著

日本と世界の財政を、理論・歴史・制度・政策から学ぶ世界的な転換期に対応した財政学の基本テキスト。研究問題解答・ヒント、用語解説つき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代財政と財政学
  • 第1章 世界の財政と日本の財政-現代財政の歴史的位置
  • 第2章 現代日本財政の形成と展開
  • 第3章 財政学説の展開とクリティーク
  • 第4章 日本の予算・財政システム
  • 第5章 公共財の理論と経費分析
  • 第6章 公共投資と財政
  • 第7章 高齢化社会と社会保障財政
  • 第8章 現代の租税理論
  • 第9章 税制改革の展開と今後の方向
  • 第10章 財政赤字と公債理論
  • 第11章 財政投融資-岐路に立つ第2の予算
  • 第12章 地方分権化と政府間財政関係
  • 第13章 財政の国際化
  • 第14章 財政金融政策の国際的展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財政学 : 転換期の日本財政
著作者等 片桐 正俊
書名ヨミ ザイセイガク : テンカンキ ノ ニホン ザイセイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1997.7
ページ数 484p
大きさ 21cm
ISBN 4492620443
NCID BA31426215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98019293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想