社会的規制の経済学

植草益 編

「安全」「健康」「環境」に関する「社会的規制」の実態を経済学的に分析、その理論的・制度的体系を明らかにする。我国公的規制研究の第一人者による意欲的構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会的規制研究の必要性
  • 社会的規制の対象
  • 社会的規制の手段
  • 米国における社会的規制の経緯
  • 外部性
  • 公共財
  • 情報の非対称性
  • 安全規制
  • 製造物責任制度-規制的抑止から市場的抑止へ
  • 労働安全衛生規制
  • 電力産業における安全規制
  • 準公共財と準市場-医療・教育提供のあり方
  • 薬価規制〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的規制の経済学
著作者等 井手 秀樹
佐々木 實雄
佐藤 治正
南部 鶴彦
奥西 好夫
小川 芳樹
岡田 羊祐
来生 新
植草 益
横倉 尚
永井 進
洞口 治夫
穴山 悌三
竹中 康治
鳥居 昭夫
書名ヨミ シャカイテキ キセイ ノ ケイザイガク
書名別名 Economics of social regulation
出版元 NTT
刊行年月 1997.7
ページ数 463p
大きさ 22cm
ISBN 4871885232
NCID BA31396282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98022194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想