脳内物質が心をつくる : 心と知能を左右する遺伝子

石浦章一 著

心や知能を規定するのはいったい何だろうか。短気や不安を引き起こすものは?ついに感情や性格・行動・記憶・知能までもが脳内物質や遺伝子で語られる時代がやってきた。人間の心の領域に、いま科学のメスが入る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 気分を規定する遺伝子(喫煙
  • モノアミン ほか)
  • 第2講 性格・行動と遺伝子(遺伝性びっくり症候群
  • 不安 ほか)
  • 第3講 記憶と遺伝子(ワーキングメモリー
  • 精神分裂病 ほか)
  • 第4講 知能と遺伝子(アルツハイマー病
  • IQ ほか)
  • 第5講 精神遅滞と遺伝子(染色体と遺伝子の異常
  • ダウン症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳内物質が心をつくる : 心と知能を左右する遺伝子
著作者等 石浦 章一
書名ヨミ ノウナイ ブッシツ ガ ココロ オ ツクル
シリーズ名 ひつじ科学ブックス
出版元 羊土社
刊行年月 1997.5
ページ数 117p
大きさ 19cm
ISBN 4897064201
NCID BA31374199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想