国語教育史に学ぶ

大平浩哉 編 ; 高野光男 ほか著

[目次]

  • 明治期話しことば教育の展開
  • 遠藤熊吉の国語教育理論に関する考察-住民意識の近代化を目指した言語の教育
  • 国語教育史における音声言語指導
  • 教材・朱子の「少年老い易く学成り難し」詩の誕生
  • 金田一京助の「心の小径」をめぐって-戦後中学校教科書における扱いの変遷
  • 大正期の漢文教育廃止論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国語教育史に学ぶ
著作者等 大平 浩哉
高野 光男
柳瀬 喜代志
石毛 慎一
野村 敏夫
小原 俊
書名ヨミ コクゴ キョウイクシ ニ マナブ
書名別名 Kokugo kyoikushi ni manabu
シリーズ名 早稲田教育叢書 / 早稲田大学教育総合研究室 編 2
出版元 学文社
刊行年月 1997.5
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 4762007269
NCID BA31362509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98004253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想