社会福祉システムの展望 : 日本社会事業大学創立50周年記念論文集

日本社会事業大学 編

[目次]

  • 第1部 社会福祉50年の基本的課題(インタビュー 京極高宣学長に聞く
  • 福祉サービス供給体制論の政策 科学的方法における位置
  • 社会保障と家族 ほか)
  • 第2部 社会福祉実践の位置と課題(インタビュー 大橋謙策先生に聞く
  • ベビーホテル利用児の保育問題-保育園児のベビーホテル利用状況からみた子育て支援の課題
  • 地域リハビリテーションにおけるチーム活動 ほか)
  • 第3部 社会福祉援助技術の視点と枠組(座談会 社会福祉援助技術教育の現状と課題
  • エコロジカル・レクリエーションワーク試論
  • 介護と看護の具体的連携システム-KOMIチャートの理論と活用法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉システムの展望 : 日本社会事業大学創立50周年記念論文集
著作者等 日本社会事業大学
日本社会事業大
書名ヨミ シャカイ フクシ システム ノ テンボウ : ニホン シャカイ ジギョウ ダイガク ソウリツ 50シュウネン キネン ロンブンシュウ
書名別名 Shakai fukushi shisutemu no tenbo
出版元 中央法規
刊行年月 1997.5
ページ数 436p
大きさ 22cm
ISBN 4805815922
NCID BA31358669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98007101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
CLCBACの構築と臨床的検証 堤賢
エコロジカル・レクリエーションワーク試論 千葉和夫
セルフ・ヘルプ・グループの機能研究に関する批判的再検討 三島一郎
ドイツにおける市民主導型ボランタリズムの形成過程 岡田英己子
ベビーホテル利用児の保育問題 田辺敦子
介護と看護の具体的連携システム 金井一薫
卒業論文に示された学生の関心と視点 古瀬徹
国際社会福祉論構築の一視角 萩原康生
地域リハビリテーションにおけるチーム活動 高橋流里子
学生の「不安」に焦点をあてた実習事前教育の試み 湯澤直美
戦後社会福祉政策論の展開 和気康太
概念モデルとしての国際障害分類 佐藤久夫
痴呆性老人に対するグループワークプログラムによる援助 下垣光
社会保障と家族 都村敦子
社会福祉50年の基本的課題
社会福祉実習における「実習ノート」の活用 福田俊子
社会福祉実践の位置と課題
社会福祉専門職の研修課題設定をめざした計量的研究 加瀬裕子
社会福祉援助技術の視点と枠組
福祉サービス供給体制論の政策科学的方法における位置 高沢武司
英国における所得保障政策の動向分析 阿部實
表現としての身体を感じとろうとする関わり方 八木ありさ
退院計画と地域ケアシステム 手島陸久
高齢者の転居と環境適応 児玉桂子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想