クレオパトラの鼻

ダニエル・ブアスティン 著 ; 松浦俊輔 他訳

神は細部に宿り給う。未来はいつも予想を越える。人類にとって、未知の領野はますます拡大しつつある。そこには、当然、予期せぬ事態がひそむ。そして歴史は、クレオパトラの比喩のように、いつも予期せぬことから展開する。アメリカの近・現代史を舞台に、差別と良心の拘束、機械文明と不必要な必要の創造、特殊化する科学知と社会の乖離など、具体的な事例をひいて提言する、歴史家の「未来への警告」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 発見の諸領域
  • 2 試される良心
  • 3 新世界の好機
  • 4 警告的学問
  • 5 第四の世界
  • 6 個人的な補遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クレオパトラの鼻
著作者等 Boorstin, Daniel J.
Boorstin, Daniel Joseph
松浦 俊輔
Boorstin Daniel J.
ブアスティン ダニエル・J.
書名ヨミ クレオパトラ ノ ハナ
書名別名 Cleopatra's nose

Kureopatora no hana
出版元 青土社
刊行年月 1997.6
ページ数 287, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4791755456
NCID BA31340889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想