方法序説

デカルト 著 ; 谷川多佳子 訳

すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596‐1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して到達した、思想の独立宣言である。近代精神の確立を告げ、今日の学問の基本的な準拠枠をなす新しい哲学の根本原理と方法が、ここに示される。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方法序説
著作者等 Descartes, René
落合 太郎
谷川 多佳子
Descartes Ren'e
デカルト
書名ヨミ ホウホウ ジョセツ
書名別名 Discours de la méthode
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.7
版表示 改版
ページ数 137p
大きさ 15cm
ISBN 4003361318
NCID BA31335175
BN00918862
BN01536817
BN02303370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98021413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想