心身医学

フランツ・アレキサンダー 著 ; 末松弘行 監訳 ; 赤林朗, 木村和正, 熊野宏昭 訳

精神分析とは、心身相関とは、心身症とは。-「こころ」と「からだ」をつなぐキーコンセプトを全体論的立場から解き明かし、さまざまな領域の疾患にみられる情動的要因を体系的に論じた歴史的名著。心身医学はもとより、医学的心理学の入門書としても特異な精彩を放つ必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(序論
  • 医学の発展における近代精神医学の役割
  • 医学の発展における精神分析の影響
  • ゲシュタルト心理学、神経学、そして内分泌学の貢献
  • 転換ヒステリー、植物神経症、そして心因性器質障害 ほか)
  • 第2部 さまざまな疾患にみられる情動性要因(消化管障害における情動性要因
  • 呼吸器系障害における情動性要因
  • 心血管系障害における情動性要因
  • 皮膚疾患における情動性要因
  • 代謝・内分泌系障害における情動性要因 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心身医学
著作者等 Alexander, Franz
木村 和正
末松 弘行
熊野 宏昭
赤林 朗
アレキサンダー フランツ
書名ヨミ シンシン イガク
書名別名 Psychosomatic medicine
出版元 学樹書院
刊行年月 1997.6
ページ数 254, 31p
大きさ 22cm
ISBN 4906502075
NCID BA31331844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98012995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想