世界美術大全集  西洋編 第6巻

高橋 栄一【編】

本書は、いわゆるビザンティン帝国を中心に、4世紀後半から15世紀半ばまでの、後期古代・中世の東方キリスト教美術を扱うものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ビザンティン美術の時代的背景と特質
  • 東方初期キリスト教美術-アウグスティヌスとその時代
  • 前期ビザンティン美術-新しい帝国とキリスト教美術の確立
  • 中期ビザンティン美術-円熟期を迎える首都と周辺
  • 後期ビザンティン美術-「神の美術」の洗練と頽廃
  • カラー図版特集 聖山アトス、メテオラ
  • ビザンティン美術の拡張-スラヴ諸国のキリスト教受容と静寂主義
  • アルメニアとグルジアの伝統造形
  • ロシアの中世美術-「ルーシ」の聖堂建築
  • 壁画とイコン
  • テーマ特集(東西のキリスト教世界と美術
  • イコンの系譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 高橋 栄一
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名 ビザンティン美術

Sekai bijutsu daizenshu
巻冊次 西洋編 第6巻
出版元 小学館
刊行年月 1997.8
ページ数 446p
大きさ 38cm
ISBN 4096010065
NCID BA31322810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98018202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ビザンティン美術 高橋榮一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想