ルーカス・クラーナハ

ベルトルト・ヒンツ 著 ; 佐川美智子 訳

ザクセン選帝侯の宮廷画家として活躍した「もっとも迅速なる画家」。マルティン・ルターの友人として宗教改革を支持し、不思議な官能美を湛える絵画作品を残したクラーナハの生涯に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生涯(1)生い立ち、宮廷画家としての出発
  • 生涯(2)家庭環境と経済状態
  • 作品史(1‐1)宮廷画家
  • 作品史(1‐2)マルティン・ルターとの関わり
  • 作品史(2)レパートリーと新たな主題
  • 生涯(3)息子たち、工房、「晩年の様式」
  • 作品史(3)宗教改革の主題
  • 生涯(4)晩年、亡命、ワイマールでの最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルーカス・クラーナハ
著作者等 Hinz, Berthold
佐川 美智子
ヒンツ ベルトルト
書名ヨミ ルーカス クラーナハ
書名別名 Lucas Cranach d. Ä

Rukasu kuranaha
シリーズ名 パルコ美術新書
出版元 PARCO
刊行年月 1997.2
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4891945095
NCID BA31317730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97061169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想