日本の金融と市場メカニズム

清水啓典 著

制度改革の方向と具体的対応策。メインバンク制、有担保原則、貸出金利の硬直性等々、日本の金融市場の本質的特徴を、理論と実証によって解明し、市場メカニズムが機能する制度改革の方向を示す。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序 目的と構成
  • 第1章 日本の金融・資本市場の特殊性
  • 第2章 担保と貸出の理論
  • 第3章 金利規制下の市場メカニズムと金融自由化
  • 第4章 金融自由化と銀行貸出の実証分析
  • 第5章 純新規貸出金利統計と市場均衡
  • 第6章 貸出金利の「硬直性」と貸出市場の均衡
  • 第7章 金融自由化と金融政策
  • 第8章 金融制度と市場メカニズム

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p5
  • まえがき / p1
  • 序 目的と構成 / p3
  • 第1章 日本の金融・資本市場の特殊性 / p7
  • 第1節 はじめに / p7
  • 第2節 貸出金利の硬直性 / p9
  • 第3節 有担保原則 / p11
  • 第4節 メインバンク / p13
  • 第5節 競争制限的諸規制と過当競争 / p18
  • 第6節 金融システムの安定性維持体系 / p20
  • 第2章 担保と貸出の理論 / p25
  • 第1節 担保率と銀行貸出行動のモデル / p25
  • 1 貸出市場のリスクと担保の役割 / p25
  • 2 モデル:フレームワーク / p27
  • 3 モデル:インプリケーション / p30
  • 4 従来の理論との関連 / p35
  • 5 統計の利用可能性 / p36
  • 6 まとめ / p38
  • 第2節 貸出市場の構造と担保率 / p38
  • 1 利子率と担保率の同時決定モデル / p38
  • 2 極限値と最適解 / p41
  • 3 貸出金利硬直性へのインプリケ一ション / p47
  • 4 まとめ / p51
  • 第3章 金利規制下の市場メカニズムと金融自由化 / p59
  • 第1節 人為的金利政策の作用メカニズム / p59
  • 1 はじめに / p59
  • 2 貸出金利規制の実態 / p61
  • 3 人為的低金利政策 / p65
  • 4 従来の議論と問題点 / p66
  • 5 貸出市場の価格メカニズム / p69
  • 6 低金利政策の作用メカニズム / p70
  • 7 まとめ / p72
  • 第2節 金融自由化の効果 / p72
  • 1 貸出金利の水準 / p72
  • 2 バブル期の銀行行動 / p74
  • 第3節 有担保原則の緩和と金融システムの安定性 / p77
  • 1 はじめに / p77
  • 2 有担保原則の実態 / p77
  • 3 担保の機能と役割 / p80
  • 4 有担保原則と金融システムの安定性 / p84
  • 5 まとめ / p87
  • 第4章 金融自由化と銀行貸出の実証分析 / p91
  • 第1節 金融自由化,担保と銀行貸出 / p91
  • 1 はじめに / p91
  • 2 中小企業向け貸出の増加 / p92
  • 3 設備資金貸出比率の変化 / p94
  • 4 貸出構造の変化と担保条件 / p96
  • 5 銀行業態別担保付き貸出の実態 / p99
  • 6 業種別貸出の内訳 / p109
  • 7 まとめ / p116
  • 第2節 地価変動と土地担保付き貸出 / p117
  • 1 はじめに / p117
  • 2 歴史的概観 / p117
  • 3 理論的分析 / p120
  • 4 実証分析 / p124
  • 5 まとめ / p130
  • 第5章 純新規貸出金利統計と市場均衡 / p133
  • 第1節 純新規貸出金利統計 / p133
  • 1 はじめに / p133
  • 2 貸出金利硬直性の証拠 / p134
  • 3 貸出約定平均金利の問題点 / p135
  • 4 「全国銀行純新規貸出金利」統計 / p139
  • 5 純新規貸出金利の伸縮性性 / p145
  • 6 まとめ / p148
  • 第2節 貸出金利統計の検討 / p150
  • 1 貸出金利統計の歴史 / p150
  • 2 貸出期間 / p154
  • 3 新規貸出金利と純新規貸出金利 / p156
  • 第3節 貸出市場均衡の実証分析 / p160
  • 1 分析の目的 / p160
  • 2 分析方法 / p160
  • 3 分析結果 / p162
  • 4 まとめ / p169
  • 第6章 貸出金利の「硬直性」と貸出市場の均衡 / p173
  • 第1節 限界費用の理論的分析 / p173
  • 1 はじめに / p173
  • 2 鈴木モデルの目的とインプリケーション / p175
  • 3 貸出の機会費用の定義 / p177
  • 4 2段階意思決定銀行行動モデル / p186
  • 第2節 実証分析の方法とデータ / p192
  • 1 貸出限界費用の計測 / p192
  • 2 限界貸出金利 / p199
  • 第3節 実証分析の結果 / p205
  • 1 限界費用と平均費用 / p205
  • 2 限界・平均費用と限界・平均貸出金利 / p210
  • 3 新規費用と新規貸出金利 / p217
  • 4 貸出市場の均衡と限界貸出金利 / p219
  • 5 均衡モデル分析の意義 / p220
  • 6 まとめ / p221
  • 第7章 金融自由化と金融政策 / p227
  • 第1節 市場均衡と貸出金利の変動 / p227
  • 1 はじめに / p227
  • 2 貸出市場の統計的事実 / p228
  • 3 貸出市場の均衡モデル / p231
  • 4 モデルのインプリケーション / p237
  • 第2節 貸出市場の構造と金融政策 / p238
  • 1 業態別銀行行動の実証分析 / p238
  • 2 貸出市場の構造と金融政策 / p250
  • 第3節 金融政策の変貌 / p255
  • 1 銀行の限界費用の推移:3つの期間 / p255
  • 2 高度成長期(1955-72年)の金融政策 / p256
  • 3 低成長期(1973-89年)の金融政策 / p258
  • 4 金利自由化進展後(1989年以降)の金融政策 / p260
  • 5 安定的金融政策の必要性 / p261
  • 6 まとめ / p263
  • 第8章 金融制度と市場メカニズム / p267
  • 第1節 情報・期待と金融制度 / p267
  • 1 はじめに / p267
  • 2 情報と金融仲介機関:従来の理論 / p267
  • 3 銀行貸出の特殊性 / p272
  • 4 銀行関係の変化と証券化 / p276
  • 5 合理的期待と金融制度 / p279
  • 第2節 リスク負担と金融制度 / p281
  • 1 銀行の情報生産活動 / p281
  • 2 商業銀行と投資銀行 / p284
  • 3 リスクの増大とリスク・シェアリング / p287
  • 4 金融派生商品と情報 / p288
  • 5 日本の銀行の情報生産 / p290
  • 第3節 金融システムの健全性と市場メカニズム / p292
  • 1 はじめに / p292
  • 2 金融自由化と金融機関経営 / p293
  • 3 市場の機能 / p296
  • 4 行政の役割 / p301
  • 5 破綻処理対策 / p305
  • 6 おわりに / p306
  • 参考文献 / p309
  • 人名索引 / p319
  • 事項索引 / p321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の金融と市場メカニズム
著作者等 清水 啓典
書名ヨミ ニホン ノ キンユウ ト シジョウ メカニズム
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1997
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4492652000
NCID BA31265965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想