手形・小切手法の民法的基礎

安達三季生 著

民法と手形法の統一的研究。筆者は、田中耕太郎博士によって、かつて主張された独特の手形学説を発展させることによって、また他面では、四宮博士の信託法理の研究を取り入れることによって、全く新しい手形理論(授権説)および手形構造論を考えるに至った。そしてこれを手形法の本場ともいうべきドイツで発表し、ドイツの学界で関心をもたれている。本書はその邦訳であり、それに日本の読者向けの〔補説〕を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 手形・小切手法の一般理論(「仮定的債務者の処分授権」の概念
  • 手形・小切手法の原初的諸類型
  • 手形・小切手法の再構成
  • 有価証券法理論のために)
  • 第2部 追録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手形・小切手法の民法的基礎
著作者等 安達 三季生
書名ヨミ テガタ コギッテホウ ノ ミンポウテキ キソ
書名別名 Tegata kogitteho no minpoteki kiso
シリーズ名 民法と手形・小切手法 第1巻
出版元 信山社
刊行年月 1997.3
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 4882610892
NCID BA31257912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98047933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想