教育心理学の理論と実践

関ジュン一 ほか編著

本書は、教員の資質と能力の形成が極めて重要であると考え、学校教育の心理学的側面の基本的理解を深めるための発達と学習および評価に関する理論の部と学校教育実践にかかわる教育心理学の理論に基づく実践の部という2つの大きな視点から、教育心理学をとらえようとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発達と学習の基礎と展開(教育心理学の理論と実践
  • 発達の今日的問題
  • 児童期の心理
  • 青年期の心理 ほか)
  • 第2部 ガイダンスの基礎と展開(人格と適応の心理
  • カウンセリングと心理療法
  • 学級における人間関係
  • 生徒指導の原理と方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育心理学の理論と実践
著作者等 古市 裕一
松浦 宏
関 峋一
中西 信男
関 〓一
書名ヨミ キョウイク シンリガク ノ リロン ト ジッセン
出版元 日本文化科学社
刊行年月 1997.5
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 4821060787
NCID BA31230166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98058139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想