選挙と投票行動の理論

白鳥令 編

科学的な政治学の確立をめざして。学際的視野からの発想とアプローチ、体系的モデルの構築、現実社会の問題解決に役立つ理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 公共選択の理論から見た投票行動
  • 2章 投票行動へのシミュレーションからのアプローチ
  • 3章 政治的コミュニケーション理論に見る投票行動
  • 4章 社会経済的要因から見た投票行動
  • 5章 古典的議会制期における選挙制度論
  • 6章 投票参加の合理的選択理論におけるパラドックスについて
  • 7章 選挙と民主化の理論
  • 8章 現代アメリカの選挙と区割り問題
  • 9章 選挙行政の理論
  • 10章 選挙運動の理論
  • 11章 選挙予測の仕組みと功罪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 選挙と投票行動の理論
著作者等 白鳥 令
書名ヨミ センキョ ト トウヒョウ コウドウ ノ リロン
シリーズ名 「現代の政治学」シリーズ 7
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1997.7
ページ数 320p
大きさ 21cm
ISBN 4486013298
NCID BA31224425
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想