カール・シュミットとその時代 : シュミットをめぐる友・敵の座標

初宿正典, 古賀敬太 編

[目次]

  • 第1部 シュミットと国法学者たち(シュミットとケルゼン-民主制論における相反とその意義
  • シュミットとスメント-憲法解釈方法論と憲法裁判論の交錯する場で
  • シュミットとヘラー-危機の時代における議会制と憲法 ほか)
  • 第2部 シュミットと現代思想家たち(シュミットとソレル-神話論と暴力論をめぐって
  • シュミットとヴェーバー-学問観の相克
  • シュミットとギュリアン-カトリシズムと世俗化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・シュミットとその時代 : シュミットをめぐる友・敵の座標
著作者等 初宿 正典
古賀 敬太
書名ヨミ カール シュミット ト ソノ ジダイ : シュミット オ メグル トモ テキ ノ ザヒョウ
書名別名 Karu shumitto to sono jidai
出版元 風行社 : 開文社出版
刊行年月 1997.5
ページ数 374, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4938662264
NCID BA31194583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98008902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想