批判理論の系譜学

ノルベルト・ボルツ [著] ; 山本尤, 大貫敦子 訳

両大戦間の哲学的過激主義。ヴェーバー、カール・シュミット、ハイデガー、ベンヤミン、アドルノ…ワイマール時代の危険をはらんだ思考の絡み合い、その哲学的エッセンスを提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マクス・ヴェーバーの影
  • 第2章 決断の時代
  • 第3章 コペルニクス的に転換した歴史
  • 第4章 美的亡命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批判理論の系譜学
著作者等 Bolz, Norbert W
大貫 敦子
山本 尤
Bolz Norbert
ボルツ ノルベルト
書名ヨミ ヒハン リロン ノ ケイフガク : リョウタイセンカン ノ テツガクテキ カゲキ シュギ
書名別名 Auszug aus der entzauberten Welt

両大戦間の哲学的過激主義

Hihan riron no keifugaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 572
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.6
ページ数 274, 45p
大きさ 20cm
ISBN 4588005723
NCID BA31145759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想