消えた反物質 : 素粒子物理が解く宇宙進化の謎

小林誠 著

本書は、"粒子と反粒子が実は完全に対等な存在ではない"ことを示すこの現象に、一般書としては初めて核心をつく解説を与え、それが宇宙の物質優位の問題にどうつながっていくかを平易明快に語るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反粒子
  • 第2章 K中間子とCP対称性の破れの発見
  • 第3章 標準理論の相互作用
  • 第4章 クォークのフレーバーとCP対称性の破れ
  • 第5章 Bファクトリー
  • 第6章 宇宙はなぜ物質でできているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消えた反物質 : 素粒子物理が解く宇宙進化の謎
著作者等 小林 誠
書名ヨミ キエタ ハンブッシツ : ソリュウシ ブツリ ガ トク ウチュウ シンカ ノ ナゾ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.6
ページ数 203, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4062571749
NCID BA31144348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98016137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想