ボリス・ゴドノフと偽のドミトリー : 「動乱」時代のロシア

栗生沢猛夫 著

イヴァン雷帝の死後ほどなく、700年続いた王朝が断絶して、皇帝に選出されたボリス・ゴドノフ。しかし、皇子暗殺の噂は消えず、つぎつぎに現われる偽の皇帝。苦悩する「動乱」時代のロシアを描く。偽の皇帝出現の背景は何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 二人のドミトリー
  • 第1章 皇子ドミトリーの死
  • 第2章 ボリスの登場
  • 第3章 為政者ボリス
  • 第4章 ツァーリ・ボリス
  • 第5章 偽のドミトリー
  • 第6章 僣称者のロシア
  • エピローグ 「動乱」時代と「専制国家」ロシア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボリス・ゴドノフと偽のドミトリー : 「動乱」時代のロシア
著作者等 栗生沢 猛夫
栗生沢 猛生
書名ヨミ ボリス ゴドノフ ト ニセ ノ ドミトリー : ドウラン ジダイ ノ ロシア
書名別名 Borisu godonofu to nise no domitori
シリーズ名 歴史のフロンティア
出版元 山川出版社
刊行年月 1997.6
ページ数 332, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4634481405
NCID BA31135824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98017057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想