アジアの人権 : 国際政治の視点から

渡邉昭夫 編

欧米の「普遍的」人権概念とアジア的価値観の狭間にあって、日本はいかなる選択をすべきか-。冷戦後のアジアの人権状況と人権外交の課題を国際政治力学の中で鋭く分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際問題としての人権と日本の立場
  • 第1章 "人権"という言葉の位置づけ
  • 第2章 東南アジアにおける人権問題の多様性
  • 第3章 国際関係の争点としての人権問題
  • 第4章 韓国における人権状況
  • 第5章 インドの人権問題と政治
  • 第6章 アメリカの人権外交
  • 第7章 天安門事件と日本の人権外交
  • 第8章 欧州と人権外交
  • 第9章 国連および地域的機構を通しての人権保障
  • 第10章 国家主義と国際干渉
  • 結章 文際的人権を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの人権 : 国際政治の視点から
著作者等 日本国際問題研究所
渡辺 昭夫
書名ヨミ アジア ノ ジンケン : コクサイ セイジ ノ シテン カラ
シリーズ名 JIIA選書 6
出版元 日本国際問題研究所
刊行年月 1997.6
ページ数 302p
大きさ 21cm
ISBN 4819303295
NCID BA31112432
BA68229798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98025401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想