文学人類学への招待

大熊昭信 著

文学人類学は、文学の中核に人類学的な生のパターンを見出す試み。そのパターンとは読者が文学に感動する源であり、日本民俗学の発見したケ、ケガレ、ハレに対応する。この三極構造は普遍的で、儀礼のパターン「離反、移行、合体」や知識社会学のノモス、カオス、コスモスと相似形をなし、その根拠が人間に共通する記号過程にあることを示す。また、日本的生の根源にある気の循環として、ケガレの排除を不可避とする日常の構造を相対化する契機を言語効果に探る。西洋と日本の知見に接点を見出し、未踏の領域に誘う刺激的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学人類学とはなにか
  • 2 ケの思想-日本的生の形
  • 3 『夜叉ケ池』-ケ、ケガレ、ハレと文学
  • 4 ケガレとカオスと移行-三つの相似形
  • 5 文学人類学的読み-イーザー、フライ、ジェイムソンをめぐって
  • 6 透明な三角形-汎記号過程論にむけて
  • 7 中性的人間-文学人類学の射程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学人類学への招待
著作者等 大熊 昭信
書名ヨミ ブンガク ジンルイガク エノ ショウタイ : セイ ノ コウゾウ オ モトメテ
書名別名 生の構造を求めて

Bungaku jinruigaku eno shotai
シリーズ名 NHKブックス 798
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.6
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 4140017988
NCID BA31108821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想