西欧中世史事典 : 国制と社会組織

ハンス・K.シュルツェ 著 ; 千葉徳夫 他訳

本書は、ドイツの大学の歴史学部で中世史入門の教科書・必読文献として広く知られている。通史的な概説書とは異なり、西欧中世の国制と社会組織の「基本構造」をとりだして体系的かつ簡明に解説し、主要参考文献を付した、事典としての性格をもっている点が特徴的である。ヨーロッパの歴史を学ぶうえで、基礎となる知識を満載した学習者に有用かつ必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 部族
  • 2 従士団
  • 3 レーエン制
  • 4 荘園制
  • 5 家族、ジッペ、家門
  • 6 農家、村落、マルク
  • 7 城塞、王宮、国王荘館
  • 8 都市

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧中世史事典 : 国制と社会組織
著作者等 Schulze, Hans K
Schulze, Hans K.
千葉 徳夫
五十嵐 修
佐久間 弘展
小倉 欣一
浅野 啓子
シュルツェ ハンス・クルト
書名ヨミ セイオウ チュウセイシ ジテン : コクセイ ト シャカイ ソシキ
書名別名 Grundstrukturen der Verfassung im Mittelalter. (2 Bände,2.verbesserte Auflage)

Seio chuseishi jiten
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 22
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.6
ページ数 308, 22p
大きさ 22cm
ISBN 4623027791
NCID BA31100036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想