藤村のパリ

河盛好蔵 著

姪との背徳の恋から逃れるために渡仏した島崎藤村は、パリでどんな日々を送ったのか-。著者は研究家も見逃しているパリに於ける藤村のヰタ・セクスアリスにも強い関心を抱き、探っていきます。また、当時のパリの音楽や演劇の状況、滞仏中の日本人と藤村との交流等の細やかにたどります。折から勃発した世界大戦下のパリという特異な時代背景を踏まえ、藤村の疎開先リモージュまで、その足跡を追った待望の畢生の書。多くの文学者や芸術家の心を捉えたパリの真髄を藤村に、自らの留学体験に重ねて描いた豊饒なパリ随想。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤村のパリ
著作者等 河盛 好蔵
書名ヨミ トウソン ノ パリ
書名別名 Toson no pari
出版元 新潮社
刊行年月 1997.5
ページ数 351p
大きさ 20cm
ISBN 4103060050
NCID BA31081907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98005811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想