チャネルとトランスポータ : その働きと病気

岡田泰伸, 清野進 編

[目次]

  • 総論 チャネルとトランスポーター-その構造・機能協関と疾病
  • 1 電位依存性カチオンチャネルと神経・筋・心疾患
  • 2 ATP感受性K+チャネルとインスリング分泌異常
  • 3 水チャネルと尿崩症
  • 4 Cl-チャネルとその異常による遺伝病
  • 5 ABCトランスポータと多剤耐性および疾病
  • 6 糖トランスポータと糖吸収不全および糖尿病
  • 7 アミノ酸トランスポータとその異常による疾患

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャネルとトランスポータ : その働きと病気
著作者等 岡田 泰伸
清野 進
中村 桂子
新川 詔夫
松原 謙一
豊島 久真男
辻 省次
井村 裕夫
書名ヨミ チャネル ト トランスポータ : ソノ ハタラキ ト ビョウキ
書名別名 Chaneru to toransupota
シリーズ名 分子医科学で病気を識るシリーズ / 井村裕夫 ほか編 第5巻
出版元 メジカルビュー社 : グロビュー社
刊行年月 1997.6
ページ数 190p
大きさ 26cm
ISBN 4895535312
NCID BA31074300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98013046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想