恋愛と結婚

エレン・ケイ [著] ; 小野寺信, 小野寺百合子 訳

スウェーデンが生んだ偉大な女性解放運動家エレン・ケイ(1849〜1926)の『恋愛と結婚』が装いも新たになった。原著は1903年、『生命線』として出版された第一部。「より高い性道徳を目的とした」本書は当時、「社会を崩壊させるもの」と一斉排撃にあったが海外では絶賛された。「恋愛こそ性的関係の道徳的根拠である」と主張して、自らもその主義に徹した。100年の寿命をもつ本書は21世紀を目前に控え混迷する現代のわが国の男女関係に説得力をもって語りかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 性道徳の発達過程
  • 第2章 恋愛の進化
  • 第3章 恋愛の自由
  • 第4章 恋愛の選択
  • 第5章 母となる権利
  • 第6章 母性からの解放
  • 第7章 社会における母性の役割
  • 第8章 自由離婚
  • 第9章 新結婚法の一提案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋愛と結婚
著作者等 Key, Ellen
小野寺 信
小野寺 百合子
ケイ エレン
書名ヨミ レンアイ ト ケッコン
書名別名 Kärleken och äktenskapet
出版元 新評論
刊行年月 1997.6
版表示 改訂版
ページ数 428p
大きさ 20cm
ISBN 4794803516
NCID BA31052261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98005696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スウェーデン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想