日本語における表層格と深層格の対応関係

国立国語研究所 著

[目次]

  • 1 格文法の必要性と応用分野
  • 2 諸説概観
  • 3 実データによる調査
  • 4 作業の基準と実例
  • 5 無格表示の扱い方
  • 6 基本方針に係わる問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語における表層格と深層格の対応関係
著作者等 国立国語研究所
書名ヨミ ニホンゴ ニ オケル ヒョウソウカク ト シンソウカク ノ タイオウ カンケイ
書名別名 Nihongo ni okeru hyosokaku to shinsokaku no taio kankei
シリーズ名 国立国語研究所報告 113
出版元 三省堂
刊行年月 1997.5
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4385306567
NCID BA31043646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97072668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想