詩乃形態学序説

外山卯三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 自序
  • 第一章 序說・第一
  • 表出過程の硏究
  • 一 感情と情緖の考察
  • 二 表出過程の考察
  • 三 意志過程の考察
  • 四 動機の考察
  • 五 創作活動に於ける動機
  • 六 動機の數量的考察
  • 七 外的意志動作の考察
  • 五 言語の形成
  • 六 意味の起源
  • 七 言語中樞
  • 第四章 序說・第四
  • 表現文字の硏究
  • 一 文字以前
  • 二 繪文字
  • 三 支那文字
  • 四 象形文字
  • 五 楔形文字
  • 六 形姿文字とヒツチツト
  • 第五章 序說・第五
  • 表音文字の硏究
  • 一 表意文字から表音文字へ
  • 二 アルフアベツト
  • 三 音聲裝置と口腔分節
  • 四 内破裂と外破裂
  • 五 母音の遷移と變化
  • 六 有聲子音と無聲子音
  • 七 グリムの法則
  • 八 子音の變化
  • 九 韻符附加
  • 第六章 序說・第六
  • 詩の形態學的硏究序說
  • 一 言語の形態的構造
  • 二 言語の强意的韻符
  • 三 律動形態の構成
  • 四 時間的要素に依る誘導的形態
  • 五 哲學的に見た「時間」と「空間」
  • 六 時間藝術と空間藝術
  • 第七章 總論
  • 空間的要素による構成的形態
  • 一 創作活動と表現形式
  • 二 空間表象の構成
  • 三 空間的要素による構成的形態
  • 四 詩の表現媒材
  • 第八章 各論・第一
  • 律動形態の硏究
  • 一 量的性
  • 二 律動
  • 三 韻律
  • 四 句節
  • 五 解節
  • 第九章 各論・第二
  • 旋律形態の硏究
  • 一 ロンドウの形態
  • 二 絕句の形態
  • 三 和歌の形態
  • 四 詩の區分
  • 第十章 各論・第三
  • 音色形態の硏究
  • 一 音色の形態
  • 二 脚韻の形態
  • 三 轉回韻の形態
  • 索引
  • 人名と文献索引
  • 一般事項索引
  • 第二章 序說・第二
  • 表現過程の硏究
  • 一 表出の美學的概觀
  • 二 表出作用の考察
  • 三 表現作用の哲學的考察
  • 四 表現形式の極限的考察
  • 五 身振言語
  • 第三章 序說・第三
  • 言語表現の硏究
  • 一 手言語から音聲言語へ
  • 二 言葉の起源
  • 三 言葉の聲音
  • 四 聲音の轉化

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 詩乃形態学序説
著作者等 外山 卯三郎
書名ヨミ シ ノ ケイタイガク ジョセツ
出版元 厚生閣書店
刊行年月 昭和3
ページ数 284, 22p
大きさ 23cm
NCID BA3101628X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想