民族世界地図

浅井信雄 著

日本人ほど民族問題に鈍感な民族はいない!尖閣諸島をめぐる中華ナショナリズム。予断を許さぬパレスチナ情勢。米国の中核をいまなお握るWASPなど、特派記者として現場を歩き続けた国際政治学者が、報復と憎悪が充満する民族対立の構図を、地図を駆使して鋭く分析する。単行本収録の30編に書き下ろし2編を加えた本書は、複雑に入り組んだ民族問題を読み解く絶好の解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「民族」を定義するむずかしさ
  • 濃淡差くっきり、中華ナショナリズム
  • 小国カンボジアの悲哀と不安
  • アルメニア人-カフカスに浮ぶ孤島
  • 人工的共和国モルダビアの原点
  • アメリカのユダヤ人
  • ヨーロッパに甦る反ユダヤ主義
  • ケベックの「教訓」
  • 中国内朝鮮民族192万人
  • 「アラブ」とは誰か〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族世界地図
著作者等 浅井 信雄
書名ヨミ ミンゾク セカイ チズ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1997.6
ページ数 199p
大きさ 16cm
ISBN 410116021X
NCID BA31014069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98007275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想