科学風土記 : 加賀・能登のサイエンス

石川化学教育研究会 編

[目次]

  • 伝統産業編(九谷焼
  • 大樋焼 ほか)
  • 食物編(アマエビはなぜ甘い?
  • ズワイガニとコウバコガニ ほか)
  • 風物編(金沢城の鉛瓦
  • 鉛瓦と蛇の寝御座 ほか)
  • 人物編(桜井錠二-日本人最初の化学の教授
  • 高峰譲吉-タカジアスターゼの生みの親 ほか)
  • 文化編(金沢城
  • 加賀の藩校 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学風土記 : 加賀・能登のサイエンス
著作者等 石川化学教育研究会
書名ヨミ カガク フドキ : カガ ノト ノ サイエンス
書名別名 Kagaku fudoki
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1997.6
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 478538669X
NCID BA30992410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想