魔術的リアリズムの淵源 : アストゥリアス文学とグアテマラ

高林則明 著

インディオの代弁者「大舌男」。ノーベル賞作家アストゥリアス。現代中南米文学を象徴する『魔術的リアリズム』の創始者の文学世界を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 作家と作品(ミゲル・アンヘル・アストゥリアスと「参加」の文学
  • 小説『トウモロコシの人間たち』をめぐる研究史と本書のねらい
  • 作品のあらすじ)
  • 第1部 作品内容面の分析(神話的・宗教的観点からの「基底論理」の考察
  • 作品の構成
  • 小説内時間について ほか)
  • 第2部 作品にみる文体・技法の特徴(基本的な文体・技法
  • 発展的な文体・技法
  • 文体・技法分析のまとめと叙述面への土着テキストの影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術的リアリズムの淵源 : アストゥリアス文学とグアテマラ
著作者等 高林 則明
書名ヨミ マジュツテキ リアリズム ノ エンゲン : アストゥリアス ブンガク ト グアテマラ
書名別名 Majutsuteki riarizumu no engen
出版元 人文書院
刊行年月 1997.4
ページ数 342p
大きさ 22cm
ISBN 4409140450
NCID BA30989518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98015992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想