禅の研究

鈴木大拙 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 看話論 / 1
  • 看話の歷史 / 1
  • 悟りと公案 / 1
  • 現代に於ける修禪の方法 / 3
  • 禪學發達の初期 / 7
  • 六祖の活動 / 9
  • 實地の公案-公案といふ熟語の始まり / 11
  • 公案を作る時代 / 16
  • 公案の主題二三 / 18
  • 看話の必要を認むるまでに進まず / 23
  • 汾陽の十八問 / 28
  • 臨濟禪の危機 / 34
  • 看話の發達-第九世紀頃より / 39
  • 五祖は無字を看せしむ / 45
  • 惟則の看話論 / 50
  • 看話を起したる歷史的事情-默照主義 / 54
  • 學解情解禪 / 57
  • 槃談の禪史論 / 63
  • 看話工夫 / 66
  • 中峯に至りて全く看話禪となる / 69
  • 默照禪と看話禪 / 76
  • 大慧禪師 / 76
  • 曹洞禪 / 76
  • 二種の弊 / 78
  • 尙其外の弊 / 79
  • 公案禪と鬼窟裡の禪 / 79
  • 修禪に伴ふ諸弊は何れより來るか / 81
  • 曹洞と臨濟、默照と看話 / 83
  • 禪宗全盛時代における看話と默照 / 84
  • 看話と默照截然として分る / 86
  • 看話の利 / 87
  • 默照は定を專とす / 89
  • 疑團を要す / 90
  • 默照を排す / 91
  • 看話に對する誤解 / 94
  • 修禪の古今 / 95
  • 只管打坐をとらず / 98
  • 智隍と玄策 / 99
  • 實際上の問題 / 101
  • 文字禪 / 103
  • 「麻三斤」 / 104
  • 牛頭と四祖 / 109
  • 道元-白隱-佛光 / 111
  • 結論 / 115
  • 附記-永嘉大師の定慧均等說 / 119
  • 第二篇 禪の見方 / 125
  • 世間並の見方と禪の見方 / 125
  • 蓮華か荷葉か / 133
  • 「如何なるか是れ祖師西來意」 / 138
  • 世間底の禪 / 148
  • 香嚴擊竹 / 159
  • 自由とクリヱティブ / 164
  • 禪とバイブル / 169
  • 第三篇 祖師傳 / 177
  • はしがき / 177
  • 達磨傳 / 181
  • 六祖慧能傳 / 188
  • 禪宗五家略傳 / 217
  • 五家分立の理由 / 217
  • 五家の系統 / 225
  • 臨濟義玄-臨濟宗 / 227
  • 雲門文偃-雲門宗 / 238
  • 洞山良价-曹洞宗 / 245
  • 潙山靈祐-溩仰宗 / 254
  • 法眼文益-法眼宗 / 266

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 禅の研究
著作者等 鈴木 大拙
書名ヨミ ゼン ノ ケンキュウ
書名別名 Zen no kenkyu
出版元 丙午出版社
刊行年月 1934
版表示 普及版
ページ数 276p
大きさ 18cm
NCID BA30956596
BA67434157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74008658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想