はじめての財政学

米原淳七郎 著

本書は、公共サービスの消費者であり納税者である一般市民の眼から見た財政現象を対象とする。網羅的で情報過多な解説を排し、はじめて財政学を学習するに際しての必要かつ十分な内容に絞り込んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 財政とはなんだろうか
  • 予算は財政の顔である
  • 公共財に対する最適資源配分
  • 国の財政と地方の財政
  • 財政投融資というマンモス
  • 景気を良くする財政政策
  • 金融政策と財政政策
  • 公債発行は悪なのだろうか
  • 税制はいかにあるべきか
  • 所得税は税の王様である
  • 法人所得税の正体はなにか
  • 法人税の計算
  • バブルで煽られた資産税
  • 相続税と私たちの生活
  • 消費課税の変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての財政学
著作者等 米原 淳七郎
書名ヨミ ハジメテ ノ ザイセイガク
書名別名 Hajimete no zaiseigaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.6
版表示 5刷(補訂)
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4641085838
NCID BA30950997
BA75685210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想