日本文壇史  16 (大逆事件前後)

伊藤整 著

明治四十三年、荷風は鴎外、敏の推薦で慶応義塾の教授になり、五月創刊「三田文学」の編集長も兼ねた。年長の大石誠之助らとは別に、幸徳秋水の周辺に若い社会主義者達が集った。四月、武者小路、志賀ら「白樺」創刊。六月、秋水逮捕。九月、谷崎ら第二次「新思潮」創刊。十一月、パンの大会開催。大逆事件の発端・経緯と日本文壇の関係を勁い意志で究明し明治の終焉・大正文学胎動の諸相を情熱をこめて展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治四十三年、永井荷風の「歓楽」と「すみだ川」
  • 慶応義塾の文学部と森鴎外
  • 上田敏、荷風の関係
  • 荷風が主任教授となり「三田文学」編輯長を兼任
  • 幸徳秋水の革命座談
  • 秋水周辺の主義者たち
  • 秋水と管野須賀子の関係
  • 荒畑勝三と須賀子
  • 宮下太吉が信州へ移る
  • 紀州グループの動き
  • 平民社の動き〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文壇史
著作者等 伊藤 整
書名ヨミ ニホン ブンダンシ
書名別名 大逆事件前後

Nihon bundanshi
シリーズ名 講談社文芸文庫 : 回想の文学
巻冊次 16 (大逆事件前後)
出版元 講談社
刊行年月 1997.6
ページ数 257, 21p
大きさ 16cm
ISBN 4061975706
NCID BA30924727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98015867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想