戦後におけるインドネシアの政治情勢

外務省調査局第一課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • I 總説 / 1
  • II インドネシア共和國の發足 / 3
  • 1 獨立宣言までの經緯 / 4
  • 2 獨立宣言後の革命鬪爭 / 5
  • 3 インドネシア共和國の國内勢力統一 / 7
  • III リンガルヂヤチ協定の假調印にいたるまでの經緯 / 8
  • 1 蘭イ交渉の開始 / 9
  • 2 シンガポール會談後の蘭イ交渉 / 10
  • 3 カー特使の派遣 / 11
  • 4 共和國人民戰線派の動向 / 13
  • 5 キラーン卿の派遣と蘭イ交渉の再開 / 14
  • 6 停戰協定の成立 / 15
  • 7 リンガルヂヤチ協定假調印の成立 / 16
  • IV リンガルヂヤチ協定の正式調印とその實施にかんする交渉 / 20
  • 1 リンガルヂヤチ協定の正式調印 / 21
  • 2 リンガルヂヤチ協定當時における非共和國地域の動向 / 25
  • 3 リンガルヂヤチ協定の正式調印と諸外國の動向 / 29
  • (1) アメリカ / 29
  • (2) イギリス / 30
  • (3) オーストラリア / 30
  • (4) アラブ連盟 / 31
  • 4 リンガルヂヤチ協定の實施にかんする交渉 / 31
  • (1) 交渉開始 / 32
  • (2) 交渉停頓 ベール首相の來島 / 33
  • (3) アメリカの意思表示 / 34
  • (4) 當時におけるインドネシアの一般情勢 / 35
  • (5) オランダの最後的提案(五月二十七日案) / 36
  • (6) 最後案にたいする共和國の反對提案 / 37
  • (7) 共和國案にたいするオランダ側の態度 / 40
  • (8) オランダ本國政界の動向 / 41
  • (9) 共和國の再提案 / 43
  • (10) オランダの覺書 / 44
  • (11) シヤリル内閣の辭職 / 45
  • (12) スカル回答の發表 / 46
  • (13) アメリカの共和國にたいする申入 / 47
  • (14) 共和國新内閣の成立 / 50
  • (15) シヤリフデイン内閣の最後的交渉 / 50
  • (16) オランダ本國政界の動向 ヨンクマン聲明 / 54
  • (17) 米英側の態度 / 55
  • (18) オランダの最後通牒 / 55
  • (19) 交渉の決裂 / 58
  • (20) イギリスの調停申出 / 60
  • V オランダの第一次「警察行動」 / 61
  • 1 オランダの對共和國通告および對外發表 / 61
  • 2 一般戰況 / 63
  • 3 リンガルヂヤチ協定第十七條の問題 / 65
  • 4 「警察行動」にたいする各國の態度 / 66
  • (1) イギリス / 67
  • (2) アメリカ / 68
  • (3) インド / 69
  • (4) オーストラリア / 70
  • (5) 中國 インドネシア紛爭と華僑 / 71
  • (6) オランダ本國一部の動向 / 73
  • VI 第一次「警察行動」以後のインドネシア問題 / 74
  • 1 安全保障理事會におけるインドネシア紛爭 / 74
  • (1) インド、オーストラリアの提訴 / 75
  • (2) インド、オーストラリアの提訴と各國の態度 / 76
  • (3) インドネシア紛爭の討議に關係する國連憲章の基本條文 / 77
  • (4) 紛爭當事者の招請問題 / 78
  • (5) 停戰勸告案の採擇 / 78
  • (6) 理事會決議の拘束力について / 81
  • (7) インドネシア共和國の法的地位について / 82
  • (8) 理事會の停戰決議にもとずく停戰命令 / 84
  • (9) 停戰前後の軍事情勢 / 85
  • (10) アメリカの周旋問題 / 87
  • (11) 共和國代表の招請決議 / 89
  • (12) 停戰監視領事團設置案の採擇 / 90
  • (13) 三國周旋委員會設置案の採擇 / 92
  • (14) 國際司法裁判所付託案 / 93
  • (15) 第二次停戰勸告と當時の軍事情勢 / 94
  • (16) フアン・モークラインの宣言 / 96
  • 2 領事團の現地報告と理事會の討議 / 97
  • 3 三國周旋委員會による現地交渉 / 103
  • (1) 三國周旋委員會の發足 / 103
  • (2) 現地交渉の開始をめぐる蘭イの國内情勢 / 105
  • (3) レンヴイル會談までの現地交渉 / 108
  • (4) レンヴイル協定成立の經緯 / 112
  • (5) レンヴイル協定にもとずく政治交渉の經緯 / 117
  • 4 インドネシア連邦問題 / 123
  • (1) 連邦樹立決議の發表 / 123
  • (2) インドネシア連邦臨時政府の設立 / 126
  • (3) 第二回バンドン會議 / 128
  • (4) 連邦中間政府設立案の決定 / 129
  • (5) 新高等辨務官の任命 / 131
  • 5 インドネシア共和國の共産革命 / 132
  • (1) 左派勢力の抬頭 / 132
  • (2) 新インドネシア共産黨の結成 左翼戰の統一 / 133
  • (3) マデウンの共産クーデタ / 135
  • (4) 共産クーデタの原因 / 137
  • (5) 共産クーデタ後の共和國 / 139
  • 6 蘭イ政治交渉の再開 / 139
  • (1) インドネシア紛爭とアメリカ / 140
  • (2) 政治交渉の經緯 / 141
  • VII オランダの第二次「警察行動」と内外の動向 / 146
  • 1 「警察行動」の概況 / 146
  • 2 インドネシア政治情勢の轉換 / 147
  • 3 第二次「警察行動」と米英の動向 / 149
  • 4 アジア諸國の動向 アジア會議 / 150
  • VIII 第二次「警察行動」後のインドネシア紛爭 / 153
  • 1 安保理事會の停戰決議 / 153
  • 2 オランダ軍の停戰 / 155
  • 3 安保理事會の「一月二十八日決議」 / 156
  • 4 ヘーグ圓卓會議の問題 / 158
  • (1) オランダの圓卓會議提唱と各方面の反響 / 158
  • (2) 理事會における圓卓會議の問題 カナダ案の採擇 / 161
  • 5 バタヴイア會議 / 162
  • (1) バタヴイア協定成立の經緯 / 163
  • (2) バタヴイア會議をめぐる外部の動向 / 165
  • (3) ベール高等辨務官の辭職 / 166
  • (4) 共和國臨時政府の問題 / 167
  • (5) バタヴイア協定の實施交渉 / 168
  • (6) 共和國政府の復歸 / 170
  • 附録 重要事件の日誌(一九四五・八・一五-一九四九・六・三〇) / 171

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後におけるインドネシアの政治情勢
著作者等 外務省調査局
外務省調査局第一課
書名ヨミ センゴ ニ オケル インドネシア ノ セイジ ジョウセイ
出版元 外務省調査局第一課
刊行年月 1949
ページ数 181p
大きさ 21cm
NCID BA30913163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49013090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想