高野長英

佐藤昌介 著

幕末の蘭学者、高野長英は、「蛮社の獄」で渡辺崋山とともに罪に問われ、脱獄そして自刃という数奇な運命をたどった先覚者として知られる。しかし、長英は何より学問の人であった。著者は、長英の軌跡をたんねんに検証し、強烈な自我を貫きつつ、新たな学問を切り開いた長英の人間像をみごとに浮かび上がらせる。最新最良の評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 医業を志す-生いたちそして江戸遊学
  • 2 研究と翻訳の日々-長崎遊学時代
  • 3 新知識のにない手として-江戸で開業・開塾
  • 4 蛮社の獄
  • 5 放火・脱獄、地下潜行
  • 6 兵書翻訳を業として-江戸潜伏時代の学問と思想
  • 7 宇和島の日々そして自刃

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高野長英
著作者等 佐藤 昌介
書名ヨミ タカノ チョウエイ
書名別名 Takano choei
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.6
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4004305128
NCID BA30912171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98019346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想