美しい書物の話 : 中世の彩飾写本からウィリアム・モリスまで

アラン・G.トマス 著 ; 小野悦子 訳

美しい書物はどのようにしてつくられてきたか。中世イギリスの辺境の島で修道僧たちによってつくられた福音書。グーテンベルクやカクストンら初期印刷術者によってつくられた書物。そして、ウィリアム・モリスの理想の書物-。書物の美しさの精髄を豊富な図版を駆使して解き明かす。本を愛してきた人間の情熱とその運命を人間味あふれる数々のエピソードをまじえて物語る、たのしい書物の文明史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世の彩飾写本
  • 第2章 初期印刷術
  • 第3章 彩色図版のあるイギリスの書物-1790‐1837
  • 第4章 プライヴェート・プレスの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美しい書物の話 : 中世の彩飾写本からウィリアム・モリスまで
著作者等 Thomas, Alan G
小野 悦子
トマス アラン・G.
書名ヨミ ウツクシイ ショモツ ノ ハナシ : チュウセイ ノ サイショク シャホン カラ ウィリアム モリス マデ
書名別名 Fine books
出版元 晶文社
刊行年月 1997.5
ページ数 193p
大きさ 22cm
ISBN 4794963106
NCID BA3090286X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98008729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想