虚子自伝

高浜虚子 著

[目次]

  • 一、 寶文會員來襲 / 3
  • 二、 國民文學欄 / 10
  • 三、 丸ノ內ビルデイング / 17
  • 四、 祖先祭 / 22
  • 五、 椿の苗木 / 27
  • 六、 「高濱虛子」 / 31
  • 七、 無學 / 37
  • 八、 放送 / 45
  • 私の步んだ道 / 49
  • 寫生文といふこと / 53
  • 俳句復活 / 56
  • 山會について / 58
  • 大小說が書きたい / 60
  • 處生觀について / 62
  • 新しい俳句について / 66
  • 季節が生命 / 68
  • 俳句の將來 / 69
  • 九、 故鄕 / 71
  • 十、 上方言葉 / 77
  • 松山の方言 / 79
  • 十一、 私の胸像 / 82
  • 十二、 追善謠會 / 84
  • 十三、 間組 / 86
  • 十四、 太田の渡し / 90
  • 十五、 書棚 / 93
  • 十六、 ロシヤの百姓 / 95
  • 十七、 刀刄段々攘 / 96
  • 十八、 小諸 / 100
  • 十九、 書き殘して置きたき事二三 / 106
  • 逆修石塔開眼法則 / 106
  • 俳句綴り / 113
  • 子規の最初の手紙 / 115
  • 大櫻の句 / 117
  • 二十、 繪卷物 / 119
  • 繪卷物 / 119
  • 堅田夜話 / 120
  • 祖先祭 / 124
  • 駕 / 127
  • 墓 / 132
  • 勾當內侍 / 136
  • 美人手を貸せば / 136
  • 高野 / 144
  • 大和屋 / 147
  • 垂訓 / 155
  • 古浴衣 / 159
  • 二十一、 「井筒」と「三井寺」と「班女」 / 161
  • 二十二、 寫眞 / 163
  • 二十三、 昭和文學全集虛子篇、月報 / 168
  • 米壽鬼 京極杞陽 / 168
  • 俳句のことは虛子に聽け 中田みづほ / 174
  • 二十四、 ヴオーカンス氏死す / 178
  • 二十五、 文化勳章 / 184
  • 二十六、 新井屋 / 199
  • 二十七、 有島海莊、寶文會 / 209
  • 餘錄 / 215
  • 一、 遍路の一 / 217
  • 二、 遍路の二 / 220
  • 三、 房さん / 224
  • 四、 高濱の彥さん / 226
  • 五、 粟井坂を越え / 229
  • 六、 「惟る御生涯や萩の露」 / 234
  • 俳句 / 239

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 虚子自伝
著作者等 高浜 虚子
書名ヨミ キョシ ジデン
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1955
ページ数 256p 図版
大きさ 19cm
NCID BA30833304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55002802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想