無縁声声

平井正治 著

ただ一人の語り部が、ついに口を開いた!裏からみた日本資本主義の真実。大阪釜ヶ崎の三畳ドヤに三十年住みつづけ昼は現場労働、夜は史資料三味、休みの日には調べ歩く。"この世"のしくみと"モノ"の世界を徹底的に明かした問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生い立ち有為転変
  • 第2章 若い命のかぎり
  • 第3章 第一次釜ヶ崎暴動の渦中に飛び込む
  • 第4章 港湾労働の高波に揉まれつつ
  • 第5章 よう見てみィ、これが現場労働や!
  • 第6章 博覧会の輝く電光の影に
  • 第7章 震災が見せた神戸の素顔
  • 第8章 APEC大阪開催が残した負の遺産
  • 第9章 釜ヶ崎三百六十五日
  • 終章 平井正治さんを囲んで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無縁声声
著作者等 平井 正治
書名ヨミ ムエン セイセイ
書名別名 日本資本主義残酷史

Muen seisei
出版元 藤原書店
刊行年月 1997.4
ページ数 379p
大きさ 19cm
ISBN 4894340658
NCID BA30781925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97073945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想