ガラス科学の基礎と応用

作花済夫 著

本書は、最近のガラスの発展を含めてガラス科学の基礎と応用を説くことによって、ガラスの科学技術に携わる研究者、技術者にガラスに対する知見をまとめて提供し、また、これからガラスの物理と化学、あるいはガラスの製造加工を勉強しようとする学生諸君にガラス学に入門するために必要な知見を提供しようとするものである。記述の対象として酸化物ガラスを中心とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ガラスと結晶・ガラスと非晶質
  • ガラス転移およびガラスの転移挙動
  • ガラスの化学組成
  • ガラス材料の新しい合成ならびに加工法
  • ガラスの結晶化および結晶化ガラス
  • ガラスと水
  • ガラス構造研究法(回折法
  • 分光法および計算機法)
  • ガラス形成の理論
  • 新しいガラス:光、電子、化学、生体、力学機能ガラス
  • 非酸化物ガラス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガラス科学の基礎と応用
著作者等 作花 済夫
書名ヨミ ガラス カガク ノ キソ ト オウヨウ
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 1997.6
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 4753651304
NCID BA30773541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98008852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想