ロバート・フック

中島秀人 著

バネの「フックの法則」や植物細胞の「発見者」として現代に名を残すロバート・フック。彼は17世紀イギリス科学界でニュートンの最大のライバルであった。近代科学における「理論」と「実験」の対立を軸に、新しい科学史観を提示する本格的評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フックの略歴と科学的研究の概要(ロバート・フックの生い立ち
  • 学界への登場
  • グレシャム・カレッジ
  • 『ミクログラフィア』
  • フックの力学研究
  • フックの光学研究
  • フックのその他の研究)
  • 第2部 フックの天文学・光学研究(天文学における「ガリレオ・パラダイム」
  • イギリスにおける望遠鏡
  • フックの天文研究
  • 望遠鏡と精密観測
  • フックとニュートンの光学論争)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロバート・フック
著作者等 中島 秀人
書名ヨミ ロバート フック
シリーズ名 科学史ライブラリー
出版元 朝倉書店
刊行年月 1997.5
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 425410572X
NCID BA30764653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98007094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想