老化と遺伝子情報の発現

松尾光芳 編著

本書では、生理的老化の領域における遺伝子の変異、発現、および酸化傷害、染色体の変化、ならびに細胞老化を、また病的老化の領域の問題としてアルツハイマー病、早老症、および老化促進マウス(SAM)の遺伝子発現をテーマとして取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生理的老化(遺伝子の変異
  • DNA酸化傷害
  • 多機能タンパク質の遺伝子発現-NDPキナーゼと老化関連遺伝子
  • 翻訳後修飾酵素の発現と活性調節
  • 遺伝子の誘導発現 ほか)
  • 2 病的老化(Alzheimer病遺伝子の発現
  • 早老症遺伝子の発現
  • 老化促進モデルマウスにみられる老化関連病態とその遺伝子発現)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老化と遺伝子情報の発現
著作者等 松尾 光芳
書名ヨミ ロウカ ト イデンシ ジョウホウ ノ ハツゲン
出版元 学会出版センター
刊行年月 1997.5
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 476220854X
NCID BA30745998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98004511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想