カルシウムシグナリング : 細胞と身体のカルシウムホメオスタシス

吉岡亨, 桐野豊, 工藤佳久 共編

本書は、カルシウム研究の現状を概観し、情報伝達を中心としたカルシウムについて解説するだけでなく、生命現象の基本としてのカルシウムについても言及したものである。生物学や医学、薬学の領域をはじめ、脳・神経や生体膜の研究に関連する諸分野の学生・研究者にとって大変有用な参考書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カルシウムの物理化学
  • 2 カルシウムダイナミックスの研究法
  • 3 情報伝達物質としてのCa2+の役割
  • 4 生体機能制御因子としての細胞内カルシウム
  • 5 カルシウムの生体内分布とホメオスタシス
  • 6 江橋先生とカルシウム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルシウムシグナリング : 細胞と身体のカルシウムホメオスタシス
著作者等 吉岡 亨
工藤 佳久
桐野 豊
書名ヨミ カルシウム シグナリング : サイボウ ト シンタイ ノ カルシウム ホメオスタシス
書名別名 Karushiumu shigunaringu
シリーズ名 情報生物学シリーズ 3
出版元 培風館
刊行年月 1997.5
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 4563038539
NCID BA30723769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98007104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想