維新の精神

藤田省三 著

本書は、表題作をはじめ、1959年から66年の間に近代日本思想史のいくつかの局面を主たる対象として著者が執筆した論文・エッセイによって、新たに構成された。ここでは、「維新の精神」の発見や「大正デモクラシー」の批判、「ユートピア思想」への問い直しを通して、「戦後」と「安保」をめぐる経験が、異なった文化間の比較と歴史的遡及による広大な視野の中で再検討され、さまざまな「普遍」への通路を開くものが模索され、語られるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 維新の精神
  • 維新における福沢の選択
  • 愛山における歴史認識論と「布衣」イズムとの内面的連関-『山路愛山史論集』を読んで
  • 大正デモクラシー精神の一側面-近代日本思想史における普遍者の形成とその崩壊
  • 体制の構想-日本におけるその歴史的展開を叙べるに先立つ序章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 維新の精神
著作者等 藤田 省三
書名ヨミ イシン ノ セイシン
出版元 みすず書房
刊行年月 1974
版表示 第2版.
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4622031043
NCID BA30707536
BN01201105
BN01206539
BN01745180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74012347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想