ゾーニングとマスタープラン : アメリカの土地利用計画・規制システム

福川裕一 著

なぜ日本では異常に地価が高騰したり、塩漬けの空地ができるのか。なぜ歴史的な建物が簡単に壊されてゆくのか。そもそも日本では都市計画は機能しているのだろうか。「詳細・厳格・柔軟」なアメリカの都市計画システムの検討から、「緩やか・あいまい・硬い」日本のシステムの問題点と改革の方向を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基本体系(基本構造
  • 標準州ゾーニング授権法(SZEA)
  • 標準都市計画授権法(SPEA))
  • 2 ゾーニング(マウントローレル判決
  • ニューヨーク市のゾーニング)
  • 3 マスタープラン(カリフォルニア州法におけるジェネラルプラン
  • 「完成しない憲法」-マスタープランの基本的性格をめぐって
  • マスタープランの展開
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゾーニングとマスタープラン : アメリカの土地利用計画・規制システム
著作者等 福川 裕一
書名ヨミ ゾーニング ト マスタープラン
出版元 学芸出版社
刊行年月 1997.5
ページ数 383p
大きさ 21cm
ISBN 4761540583
NCID BA30686720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97075321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想