アメリカのメディア産業政策 : 通信と放送の融合

菅谷実 著

本書では、アメリカのメディア産業における、通信と放送の市場を主な分析の対象としている。規制緩和、技術革新など激しく変わる環境において、メディア政策は競争主義によってどこまで説明可能か、というテーマが追究されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メディア政策の意味とその課題
  • 第2章 放送規制緩和と「ローカリズム原則」
  • 第3章 通信市場-ユニバーサル・サービスの変遷とその意義
  • 第4章 こどもテレビ番組内容規制と公共性
  • 第5章 ケーブル・テレビの公共的ステータス
  • 第6章 情報通信技術の融合化と構造規制の変容
  • 第7章 1996年電気通信法成立の意義
  • 第8章 技術進歩と政策変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカのメディア産業政策 : 通信と放送の融合
著作者等 菅谷 実
書名ヨミ アメリカ ノ メディア サンギョウ セイサク : ツウシン ト ホウソウ ノ ユウゴウ
出版元 中央経済社
刊行年月 1997.5
ページ数 174p
大きさ 22cm
ISBN 4502629952
NCID BA30684292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98009672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想