黒社会中国を揺るがす組織犯罪

何頻, 王兆軍 著 ; 中川友 訳

すさまじい犯罪の実態を初めて明かす!本書で述べる黒社会とは、凝集性、職業性、隠蔽性などの特徴を帯びた集団的な刑事犯罪組織を指す。盗掘、列車強盗、水上ギャング、自動車窃盗、人身売買、売春、誘拐、国際市場を前提とした麻薬や銃器の密売。「改革開放」路線が進むなか、黒社会の犯罪は激化の一途をたどり、その影響は日本にも及びはじめている。当局が表に出したがらなかった犯罪の実態を、内部情報を含む多くの資料を駆使して初めて明かし、黒社会を生む混沌とした社会状況、さらには中国共産党の持つ「黒社会」的性格にまで言及した衝撃の「犯罪白書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黒社会とはなにか(大陸を駆けめぐる黒社会
  • 黒社会はなぜ生まれたのか ほか)
  • 2 黒社会犯罪ファイル(盗みと盗掘
  • 強盗(車匪路覇) ほか)
  • 3 黒社会のゆくえ(表社会への勢力拡大
  • 急速に進む武装化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒社会中国を揺るがす組織犯罪
著作者等 中川 友
何 頻
王 兆軍
書名ヨミ クロ シャカイ チュウゴク オ ユルガス ソシキ ハンザイ
書名別名 Kuro shakai chugoku o yurugasu soshiki hanzai
出版元 草思社
刊行年月 1997.4
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 4794207565
NCID BA30674710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想