アジア史の真実 : 変革と再生の近現代

中名生正昭 著

香港はなぜ155年もイギリス領土だったのか。インドはなぜパキスタンと分離したか。ミャンマーはなぜ「敵視」されるか。アジアを今も覆う暗雲は何か。アジアの重要な出来事を通し日本が果たして来た役割と将来の展望を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 香港とアヘン戦争
  • 2 アジアの悲しみ
  • 3 日露戦争の世界史的意義
  • 4 アジアの革命・独立運動と日本
  • 5 日韓併合と朝鮮の苦難
  • 6 シベリア出兵と日中事変の根本的な相違点
  • 7 パール判事の日本無罪論
  • 8 戦後の独立とインド
  • 9 竹島と尖閣諸島についての考察
  • 10 ASEANとAPEC
  • まとめ 日本が真の平和国家となるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア史の真実 : 変革と再生の近現代
著作者等 中名生 正昭
書名ヨミ アジアシ ノ シンジツ : ヘンカク ト サイセイ ノ キンゲンダイ
出版元 南雲堂
刊行年月 1997.5
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 452326290X
NCID BA30643954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98004429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想