東南アジアの経済開発と土地制度

水野広祐, 重冨真一 編

[目次]

  • 序章 東南アジアの経済開発と土地制度
  • 第1章 日本の地租改正と土地所有権の確定
  • 第2章 植民地期ジャワの地租制度
  • 第3章 植民地期ビルマの地租制度と土地所有権
  • 第4章 インドネシアにおける土地権転換問題-植民地期の近代法土地権の転換問題を中心に
  • 第5章 村落レベルでみるフィリピン農地改革の顛末-中部ルソンの改革パイロット村落における事例
  • 第6章 フィリピンにおける経済発展と農地転用の諸問題-特に農地改革と関連して
  • 第7章 マレーシアにおける経済発展と土地問題の変質
  • 第8章 タイ農村の「共有地」に関する土地制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジアの経済開発と土地制度
著作者等 アジア経済研究所
加納 啓良
岡本 郁子
梅原 弘光
水野 広祐
滝川 勉
田中 学
藤本 彰三
重富 真一
書名ヨミ トウナン アジア ノ ケイザイ カイハツ ト トチ セイド
シリーズ名 研究双書 no.477
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1997.3
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 4258044776
NCID BA30410118
BA30609479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98047662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想