古典力学の形成 : ニュートンからラグランジュへ

山本義隆 著

[目次]

  • 第1部 Kepler問題(「プリンキピア」の問題設定と論理構成
  • 「順Newton問題」の解法と重力の導出
  • 「逆Newton問題」の解法と『プリンキピア』の限界 ほか)
  • 第2部 力学原理をめぐって(Eulerによる力学原理の整備
  • 新しい問題-拘束運動とその解法
  • Daniel Bernoulliと非剛体的拘束運動 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典力学の形成 : ニュートンからラグランジュへ
著作者等 山本 義隆
書名ヨミ コテン リキガク ノ ケイセイ : ニュートン カラ ラグランジュ エ
出版元 日本評論社
刊行年月 1997.6
ページ数 373p
大きさ 22cm
ISBN 4535782431
NCID BA30603257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99009249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想