地方分権への提言

自治体問題研究所 編

もっと発言しよう、"地方分権"。96年12月に地方分権推進委員会の第1次勧告が出され、いま地方分権は、「行革」の従属物になるか、それとも住民自治を伸長させる方向にむかうかの境い目に立たされている。各分野の研究者が語る第1次勧告の読み方、そして地方分権の方向。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 報告(中間報告・第一次勧告を振り返って
  • 地方分権すすめるチャンスをのがすな ほか)
  • 2 討論(第一次勧告をどう評価するのか
  • 国と自治体との関係をどう考えるか
  • 税財政の改革について)
  • 資料(新聞各紙の反応から
  • 地方分権推進委員会第一次勧告 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権への提言
著作者等 自治体問題研究所
書名ヨミ チホウ ブンケン エノ テイゲン
出版元 自治体研究社
刊行年月 1997.5
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 4880372307
NCID BA30583105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97076723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想